使えるねっとVPSをご利用の方は必ずご確認ください

登録日: 2010-02-08 16:16:01

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 NEOを「使えるねっと」のVPSに
 インストールしてご利用の方へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当社で調査しましたところ、
使えるねっとのVPS(仮想専用サーバー)でNEOをご利用の場合、

メールの配信は正常に行えるものの、
エラーメールの処理に問題があり、

・エラーメールが処理されない。
・各種の処理にかなり時間がかかってしまう。

という症状が発生している可能性があることがわかりました。

※原因は、コマンドライン版PHPのsafe_modeの設定にあります。


   問題の可能性があるのは、
   『使えるねっと VPS』
   http://www.tsukaeru.net/plans/vps/
   こちらのVPSサーバーにNEOをインストールした場合です。
   同じ使えるねっとでも、
   「共用サーバー」等をご利用の場合は問題ありません。



正常にNEOをご利用いただくためには、

1. 自分がこれに該当するのかを確認する。
2. 該当する場合は、問題の原因を修正する。

ということを行っていただく必要があります。


ただ、問題の修正には、
サーバーのPHPの設定を変更する必要があるのですが、
それには以下のようなリスクを伴います。

a) サーバーをNEO以外の用途でも利用している場合、
  それらサービスの挙動が変化する可能性がある。(動かなくなる等)
b) 使えるねっとのサポート対象外となる。


はじめに書きましたように、
問題があるといっても、とりあえずメールを配信すること自体はできます。

ですので、リスクもあるなら、特に問題は感じないし、
現状のまま利用する、という選択もございます。

それで構わない方は、何も行っていただく必要はありません。


   サーバーをNEOだけの用途に利用しているのであれば、
   いずれのリスクも小さいものとなりますので、
   確認、修正することをお勧めいたします。



以下が確認、修正のやり方です。

ご自分で難しい場合は、
当社に作業を依頼いただくことも可能です。(無料)
本メール後半をご覧ください。


------------------------------------------------------------

 1. 自分が該当するのかを確認する。

------------------------------------------------------------

以下の手順で、サーバーのPHPの設定をご確認ください。

●1.
「a.php」
という名前のファイルを作成してください。

内容は、
-----
<?php echo phpinfo(); ?>
-----
という1行だけで結構です。


●2.
同様に、
「b.php」
という名前のファイルを作成してください。

内容は、
-----
<?php echo '<pre>'.shell_exec('/usr/bin/php ./a.php').'</pre>'; ?>
-----
という1行だけで結構です。


●3.
FTPソフトを使って、両ファイルを、
ご自分のサーバーのNEOと同じ階層にアップロードしてください。


●4.
ブラウザから、
a.php、b.php、にアクセスしてみてください。

アクセスすると、
現在のPHPの設定状況が表示されます。

a.php、b.php、両方について、
「safe_mode」という箇所が、「Off」になっているかを確認してください。

両方とも「Off」であれば、このサーバーは問題ありません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

両方、または片方が「On」である場合は、
「2. 問題の原因を修正する。」にお進みください。


------------------------------------------------------------

 2. 問題の原因を修正する。

------------------------------------------------------------

a.php、b.phpのうち、「On」であったほうについて、(両方の場合は両方とも)
以下のように修正を行ってください。


   以下の修正を行うと、
   a) サーバーをNEO以外の用途でも利用している場合、
     それらサービスの挙動が変化する可能性がある。(動かなくなる等)
   b) 使えるねっとのサポート対象外となる。
   というリスクがありますことをご了承ください。


------------------------------
a.phpのほうが「On」の場合
------------------------------

●1.
ご自分のサーバーの
Plesk(サーバーを管理するページ)にログインしてください。


●2.
画面左「メインメニュー」の「ドメイン」
 ↓
利用しているドメインをクリック
 ↓
Web ホスティング設定

にお進みください。


●3.
「ドメイン xxx の物理ホスティング設定ページ」
というページが表示されます。

一覧のなかほどにある、
「PHP対応」という箇所の右側にある、

「PHPの'safe_mode'を有効(On)にする」
という部分のチェックを外してください。


●4.
ページ下部の「OK」ボタンをクリックしてください。


------------------------------
b.phpのほうが「On」の場合
------------------------------

●1.
ご自分のサーバーの
Plesk(サーバーを管理するページ)にログインしてください。


●2.
画面左「メインメニュー」の「Virtuozzo」
 ↓
ファイルマネージャ

にお進みください。


●3.
サーバーのファイル構成が表示されます。

「etc」と書かれたディレクトリに進んでください。
(etcと書かれた部分をクリックしてください。)


●4.
「etc」の中身が表示されます。

画面上部の、
ページ送りや表示件数の設定を使って、
「php.ini」というファイルを探して下さい。

見つかったら、
「php.ini」の行の一番右端にある、
鉛筆のようなマークをクリックしてください。


●5.
php.iniの内容を編集できるページが表示されます。

ファイルの中から、
「safe_mode = On」
と書かれた部分を検索してください。

見つかったら、
この部分を、
「safe_mode = Off」
に変更して、

「適用」ボタンを押してください。


●6.
画面左「メインメニュー」の「Virtuozzo」
 ↓
システムサービス

にお進みください。


●7.
「システムサービス」というページが表示されます。

「httpd」の横のチェックボックスにチェックを入れ、
「サービスの再起動」ボタンを押してください。

⇒サービスが再起動され、変更が反映されます。


以上で修正は完了です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 当社に確認、修正を依頼する場合

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

修正を行う場合、

a) サーバーをNEO以外の用途でも利用している場合、
それらサービスの挙動が変化する可能性がある。(動かなくなる等)
b) 使えるねっとのサポート対象外となる。

というリスクがございます。

これをご了承いただいたうえで、
当社に確認、修正を依頼される場合は、
以下の情報をお問合せよりご連絡ください。

・利用しているNEOのURL
・利用しているNEOの管理者ログインパスワード
・PleskのURL ※1
・Pleskのログイン情報 ※2

※1.
使えるねっとから契約時に届いた、
「【使えるねっと】 サービス開始と設定情報」
という件名のメールに書かれています。

※2.
使えるねっとの申込時に、ご自身で設定したパスワードです。




到達率が大幅アップするメール配信VPS-NEO

NEOへの疑問や質問

Copyright2008~2013@PRJAPAN Inc,