NEOの中規模バージョンアップが行われました

登録日: 2008-11-18 14:48:49

NEOの中規模バージョンアップが行われました。


●メールの開封率が計測できるようになりました。

原稿を入力する画面で、HTMLメールの原稿のすぐ下にある、
「HTMLメールの開封率を計測する。」
というチェックを入れておくと、そのメールの開封率が計測できます。

※計測できるのはHTMLメールのみです。テキストメールは計測できません。


●日本語、韓国語、中国語、フランス語などが混在したメールを配信できるようにしました。

複数言語が混在するメールを送りたい場合は、
各メルマガの管理画面から、
「メルマガ基本情報の変更」に進み、
「メールの文字コード」を「UTF-8」に設定してください。

※通常は、デフォルトで選択されている「JIS(iso-2022-jp)」のままにしておいてください。変更すると文字化けします。
※受信者側の環境がUTF-8という文字コードに対応している必要があります。
 一般的なメールソフトであれば問題ありませんが、Yahoo!メールなど一部のウェブメールでは文字化けする可能性があります。


●ASPタイプなど、独自ドメインが利用できない環境でNEOをご利用の場合でも、
 NEOの設置URLを、見た目上、別のURLに変更し、
 読者の方には、独自ドメインから発行したメールのように見せられるようになりました。

ASPタイプのNEOは、
http://www.mailhaishin.com/~userXXX/neo/
のようなURLですが、

例えば、ご自身で「hoge.com」という独自ドメインを持っている場合、
読者の方が目にするNEOのURLを、
http://www.hoge.com/neo/
のようにすることができます。

詳しい設定方法は、NEOの「全体の設定」をご覧ください。


●管理画面から読者を解除する際に、完了メールの送信する,しないを、その場で選択できるようにしました。

各メルマガの管理画面にある、
「読者解除(1件ずつ)」
で、完了メールの送信する,しないを、その場で選択できるようにしました。


●読者数が、上限の9割を超えると、警告のメールが流れるようにしました。

読者数が、設定されているアクティベーションキーの上限の9割を超えたら、
発行者に対して、警告のメールが送られるようにしました。

この機能を停止したい場合は、「全体の設定」から、
「読者数が上限を超えそうになった段階で警告メールを発行するか」
を「いいえ」と設定してください。

※当初は「はい」に設定されています。


●読者データをダウンロードするときに、
 登録した日付だけでなく、時間もあわせてダウンロードできるようにしました。


●その他小さな修正

・ステップメールの配信履歴を、過去7日間のみ表示するようにしました。
・「全体の設定」のページを見やすくレイアウトしなおしました。




到達率が大幅アップするメール配信VPS-NEO

NEOへの疑問や質問

Copyright2008~2013@PRJAPAN Inc,