バージョンアップのお知らせ(2009-02-17)

登録日: 2009-02-17 12:12:44


本日(2/17)、NEOをバージョンアップしました。

アクティベーションキーが設定されているNEOは、
ログインすることで、自動的にバージョンアップが行われます。


今回の機能追加,修正の内容は以下のとおりです。


--------------------
重要な変更
--------------------


NEOの動作における、
当社の管理サーバーからの交信頻度を少なくしました。

このため、
メルマガ配信時に、過去の配信日時を設定すると、
これまでは、設定後、すぐに配信スタートしていましたが、
今後は、1-2分ほど時間がかかる場合があります。
これはバグではありませんので、ご安心ください。

◎詳細
NEOでは、さまざまな動作に、
当社の管理サーバーとの交信を必要としています。

が、当社の管理サーバーからの交信頻度が高く、
レンタルサーバーに設置されたNEOの場合、
サーバー会社側から問題視されるケースがあったので、
この頻度を少なくしました。



上記に関連して、
ご自身でCRONを設定していただくことを前提に、
当社管理サーバーからのアクセスを、ほとんどゼロにする機能も実装済みです。

こちらの使い方については、近日中に別途ご案内させていただきます。


--------------------
機能追加
--------------------


NEOの利用中に、ブラウザの「戻る」ボタンを押すと、
『Web ページの有効期限が切れています』
という画面になることが多かったが、
普通に戻れるようにしました。

※かなり難儀でしたが実装できました。
 非常に使いやすくなっていると思います。



登録/解除完了メールでも、
メルマガと同様に、さまざまな置換文字が使えるようにしました。

※アンケートなどの集計がとてもしやすくなりました。



読者の検索ページの検索結果画面で、
メールアドレスや登録日時、クリック数などで、
一覧の並び替え(ソート)ができるようにしました。

また、
並び替えを行った状態で、
検索結果をダウンロードすると、
並び替え後の内容でデータを取り出すことが出来ます。



読者登録時に、確認画面をはさめるようにしました。

◎詳細
これまで、読者登録は、
 1: メールアドレスなどを入力
 2: 登録完了
というフローでしたが、

 1: メールアドレスなどを入力
 2: 入力内容を確認
 3: 登録完了

ということができるようにしました。

◎使い方
各メルマガの基本情報の変更画面にある、
「*購読解除確認ページ」
を「確認ページを利用する」にすると、確認画面が機能します。



メルマガ、ステップメールの原稿を入力するときに、
入力欄の大きさを自由に変更できるようにしました。

◎詳細
原稿の入力欄が大きすぎ(小さすぎ)、
実際のメールのようなレイアウトで見られない。
という問題を解消するため、
入力欄の大きさを、自由に変更できるようにしました。

◎使い方
入力欄の右下あたりにマウスのカーソルをあわせると、
カーソルのかたちが変わる場所があります。
そこでマウスをドラッグすると、
入力欄を大きく(小さく)することができます。

※けっこう衝撃的なので、ぜひ触ってみてください。
※ドラッグする場所がちょっとわかりづらいので、ご注意ください。



メルマガ、ステップメールのHTMLメール原稿を入力するときに、
入力欄を、ブログ形式と、HTMLソース直接編集形式を切り替えられるようにしました。

◎詳細
HTMLメールの入力形式を、
・ブログ形式(現在のもの)
・HTML直接編集形式
から選択できるようにしました。

既にあるHTMLソースを送信する場合は、後者に切り替えてご利用ください。

◎使い方
メルマガ、ステップメールのHTMLメール原稿入力欄の上に、
切り替えリンクがあります。



同じIPアドレスからの連続した読者登録を制限するチェックを、
メルマガ毎に、一時的にOFFにできるようにしました。

◎詳細
NEOでは、第三者による不正な連続登録を防ぐため、
同じIPアドレスからの連続した読者登録ができないようにしていましたが、
発行者自身による動作テストなどで、この機能が邪魔になるケースがありました。

そのため、この機能を、一時的にOFFにすることができるようにしました。

◎使いかた
各メルマガの基本情報の変更画面にある、
「*同じIPアドレスからの連続登録禁止」
を「非利用」にすると、このチェックがOFFになります。

※第三者による不正な連続登録を防止するため、通常は「利用」にしておいてください。
※現在は全てのメルマガで「利用」となっています。



one to oneページにて、
「%%name%%」という置換文字を使えるようにしました。

◎使い方
one to oneページ内に、
「%%name%%」という文字を埋め込んでおく。
 ↓
メルマガ配信の際に、
one to oneページのURLを、
クリックカウント対象として配信する。
 ↓
クリックした読者の名前が、「%%name%%」部分に置換されて表示されます。

※置換が行われるのは、名前が登録されている読者に限ります。


--------------------
バグ修正
--------------------


「全体の設定」画面で、
NEOの管理者ログインパスワードを変更する際に、
13文字以上のパスワードに変更できてしまっていたバグを修正しました。
(13文字以上にしてしまうと、ログインの際、エラーとなってしまう)


読者登録の際に、エラーがあった場合、
足りない内容を再入力する画面が表示されますが、
そのとき、
以下の入力欄について、
前画面で入力した内容が引き継がれていなかったバグを修正しました。

・姓
・名
・selectの内容


配信日時を設定する際に、
「10日」を選択すると、
まれに、「010日」と表示されていたバグを修正しました。
※表示上の問題であり、これまでも、動作は正常でした。


--------------------
その他修正
--------------------


NEOにログイン直後の画面で、
アクティベーションキーまわり表示をわかりやすくしました。




到達率が大幅アップするメール配信VPS-NEO

NEOへの疑問や質問

Copyright2008~2013@PRJAPAN Inc,