属性の置換方法

属性11~15のデータについてもメールの配信時に「%%c11%%」のように置換したい。


NEOの機能として実装することは少々困難ですが、以下のようにすると、近いことが可能です。
わかりやすくするために、 まず、なぜ、属性11から15については置換コードがないのかをご説明します。

属性11~15は、

・選択式のデータに対応。
・あとから「選択肢」のほうを変更したとしても、過去のデータも整合性がとれる。

というものです。

そのため、属性11~15は、 データそのものは「0101100001」のようなかたちで保存されており、
それを、別途登録されている「選択肢」とからめて表示しています。

この点から、属性1~10とは異なり、 メール配信時に置換するとなると、処理がかなり多くなってしまい、
サーバーに異常が発生する恐れが強く、置換ができません。

そのため、置換コードが用意されていません。

さて、上記のうち、

・あとから「選択肢」のほうを変更したとしても、過去のデータも整合性がとれる。

この部分が不要であれば、
つまり、選択肢は固定であり、変更することはない。

ということであれば、 何とかすることが可能です。

HTMLソースを修正することで、 属性1~10の入力方式を、むりやり選択式にしてしまう。
という方法です。


例えば、
属性1の入力欄は、通常、

-----
<input type="text" id="attr1" name="attr1" value="" />
-----

このようなHTMLソースになっています。


こちらを、
-----
<select name="attr1"> <option value="hoge">hoge</option> <option value="fugo">fugo</option> </select>
-----
このように修正すると、入力方式を選択式にできます。

このようにすると、

・入力方式は選択式でありつつ、
・その内容をメール内に置換できる。

ということが実現できます。


少々大変なのですが、
こちらの方法をご利用いただくことで、可能になります。

その他の不明がある場合は、こちらのマニュアルをご覧ください。


直接のお問い合わせはこちらから、ご連絡をお願い致します。



到達率が大幅アップするメール配信VPS-NEO

NEOへの疑問や質問

Copyright2008~2013@PRJAPAN Inc,